先生

インプラントにすれば好きなものを好きなだけ食べられるようになる

デンタルフロスの使用

治療室

歯間部の汚れを落とす

口腔内清掃は歯ブラシだけしか使用しない方が意外と多いです。歯ブラシで大まかな汚れを落とせても、歯間部や隣接面などの細かい汚れまでは完璧には落とすことができません。なのでデンタルフロスを併用して使用することがおすすめです。デンタルフロスにはまず大きく分けて、ホルダー型の物とある程度の長さの糸を切って指に巻きつけて使う物と2種類があります。初心者はホルダー型の方が難しくありません。さらにホルダー型にもF字の物とY時の物があります。F字は前歯の清掃に、Y字は奥歯の清掃に適しています。また黒い糸のフロスもあり、こちらは取れたプラークが目に見えてわかりやすいのでモチベーションが上がります。手で切って使うタイプのものは、コストがホルダー型よりは抑えられるのと、糸に汚れが付いたらずらして綺麗な部分を使える所が魅力的です。ワックス付きを選べば滑りが良くスムーズに歯間部に入れられますし、ミントのフレーバーの物は使用後の口腔内が爽やかです。デンタルフロスと一言に言ってもたくさんの種類があるので自分に合った物を選ぶようにしましょう。使い方は、どちらのタイプも歯間部に糸を通し、この時勢いよく入れると歯肉が傷つく可能性があるのでゆっくり入れます。ノコギリを引くのをイメージして入れます。歯と歯茎の境の溝、いわゆる歯周ポケットに入り込ませて汚れをとります。デンタルフロスは1日に1回行うことが理想的ですが、続けることが大切なので、無理のない範囲で曜日などを決めて行うのも良いです。また使用するのと並行して、しっかりと歯科で定期検査も受けるようにしましょう。